美大生のための写真講座 by PhotoSepia

アクセスカウンタ

zoom RSS JPEG画像の圧縮による劣化(3)

<<   作成日時 : 2006/05/18 10:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

プリント写真デジタル化フォトセピアの間 潤治です。

 JPEG画像に変換した際の圧縮率がどの程度なのかというのがよく判らない場合があります。JPEGに変換するときにソフトによって圧縮率の指定の仕方が違います。ラフに高品質、中品質、低品質という程度の区分けをしているものもあれば、1から100までの数値で品質の程度を指定するものまであります。ここでは圧縮率が数値的に把握できるケースについて述べます。
 1から100までで指定するケースでも2通りあります。1が最も圧縮率が高くなる場合と、その反対で100が最も圧縮率が高くなる場合があります。
画像


 上のグラフは何も圧縮してない画像で4.5メガバイトの画像をJPEGに変換した場合の例です。AというプロブラムとBというプログラムでの圧縮の比較です。A(青点)は圧縮値1の時が一番高品質(圧縮があまりされてない)で100が低品質です。B(緑点)はその逆で、1が低品質で100が高品質。AとBでの比較をしやすいようにAの圧縮値を101−(Aの圧縮値)で定義しなおしたものが赤の点のプロットです。圧縮値の定義が違うものの、AとBは殆ど同じ圧縮性能を持っているといえます。
 ここでは便宜上圧縮値が100の時が最も圧縮されてない常態と定義しますと、100に対してイ80くらいまでの圧縮値でファイルサイズは急激に少なくなってきます。80以下になると、ファイルサイズはさほど急激には小さくはなりませんが、画質は徐々に劣化します。
 ちなみに圧縮値100の場合でもファイルサイズは1.2メガバイト程度ですので、この段階で既に4分の1程度に圧縮されてます。上記の圧縮率の程度は、画像の中身にも依存しますので、いつも上図のようになるわけではありません。目安と考えてくだだい。

プリント写真のデジタル化、紙文書のデジタル化なら フォトセピア
URL : http://www.photosepia.co.jp/
[mailto:info@photosepia.co.jp]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
JPEG画像の圧縮による劣化(3) 美大生のための写真講座 by PhotoSepia/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる