美大生のための写真講座 by PhotoSepia

アクセスカウンタ

zoom RSS パソコンモニター(ディスプレイ)の色調整

<<   作成日時 : 2006/07/03 13:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

プリント写真デジタル化フォトセピアの間 潤治です。

 プリント写真などのデジタル情報をパソコンでご覧になるときに、写真とモニターの画面の色あいが違っていることがあります。
こういう場合は、先ずモニターの色の調整がおかしくないか疑ってみてください。私も仕事で使っている2台のパソコンを比較してみるとかなり色あいが違っていることが判りました。

 専門的にはカラーマネージメントといいますが、これは一般の人にはとても難しいことで、出版関係や、デザイン関係の方がやっておられることです。私は、写真を楽しむということであれば、そこまでする必要はないと思います。

 パソコンの画面の色あいを調整できる場合は、ある程度調整してみることをお奨めします。 調整方法はパソコンの機種にもよりますのでここでは省略しますが、デスクトップ用のモニタの場合は、モニター単体で調整機能が付いている場合が多いと思います。又、ウィンドウズの場合は、コントロールパネルからも調整が可能な場合があります。ノートパソコンの場合は、あまり自由度がないかもしれません。

 どうやって調整するかということですが、私はデジタル情報と実際の写真などを突き合わせて自分が納得できる程度に調整することをお奨めします。デジタル情報はスキャナー等で読み取ったものを使えます(*1)。モニターは一般的に色あいが使用時間とともに変化(劣化)してしまいます。液晶でもCRTでも同じです。しかし、スキャナーはそういう意味では比較的に変化が少ないといえます。従って、スキャナーで入力した画像と実際の写真がなるべく同じ雰囲気が出るように調整することが一番やりやすい方法だと思います。(印刷物とそれに対応したデジタルデータをセットにしたものも市販はされております。そういうものを使うのも一つの方法です。)

 但し、パソコンによっては調整機能が限られているものもありますし、調整しきれない変化もあります。長時間使っている液晶モニターの場合は、バックライト自体の発色が変わってしまいますので、調整は困難です。バックライトの交換しか方法がありませんが、おそらく新品のモニターを購入した方が安上がりです。調整できないものは、しかたがありませんが、色あいがずれているということを正しく認識しておくだけでも良いと思います。

*1)スキャナーが常に正しい色あいであるということではありません。メーカによっても色あいに差があります。但し、ご家庭で写真を楽しまれるということであれば、一つの方法として使えるのではないかということです。

プリント写真のデジタル化、紙文書のデジタル化なら フォトセピア
URL : http://www.photosepia.co.jp/
[mailto:info@photosepia.co.jp]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
パソコンモニター(ディスプレイ)の色調整 美大生のための写真講座 by PhotoSepia/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる