美大生のための写真講座 by PhotoSepia

アクセスカウンタ

zoom RSS 写真をデジタル化すると、汚れた画像になってしまうことがあるのか?

<<   作成日時 : 2006/07/28 16:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

プリント写真デジタル化フォトセピアの間 潤治です。

 何も配慮せずに写真をデジタル化してみると、実物の写真より汚れてデジタル化されしまうことがあります。
 ゴミやキズがあると、実物よりもその汚れが強調されてしまうからです。理由は、スキャナーの画像入力方式にかかわる原理的な問題です。人間が部屋の中で写真を見ている状態と、スキャナーが画像を入力する状態は全く違います。スキャナーの光源の関係もあり、散乱光の影響を強く受けてしまうからです。
 ゴミはある程度気をつければ、混入しないように出来ますが、こびりついたゴミは取らない限り影響を排除できません。キズの場合(キズと言っても、プリント上の薄いスジのようなものの場合です)は、どうしようもありません。
 フォトセピアでは入力した画像からこのような欠陥を除去修正することを行なっていますので、デジタル化した結果が、生の写真より悪くなるということはありませんが、修正を行なわないと、却って醜いものになってしまいます。
 
プリント写真のデジタル化、紙文書のデジタル化なら フォトセピア
URL : http://www.photosepia.co.jp/
mailto:info@photosepia.co.jp

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
写真をデジタル化すると、汚れた画像になってしまうことがあるのか? 美大生のための写真講座 by PhotoSepia/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる