美大生のための写真講座 by PhotoSepia

アクセスカウンタ

zoom RSS スキャナー選定方法9(ホコリ除去機能の性能)

<<   作成日時 : 2007/10/16 14:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

写真デジタル化フォトセピアの間 潤治です。

 前回ディジタルICEの性能について書きました。ディジタルICEによるプリント写真のホコリやゴミの除去にはあまり効果がないとい結論でした。

 今回は、ホコリ(ゴミ)除去機能について比較のために書いてみましょう。

 ホコリ除去機能は、画像処理ソフトによって実現している機能です。画像の情報が周囲の情報と著しく異なっている場合に、一定の大きさ以下のものを強制的になくしてしまうという方法です。具体的な方法は発表されておりませんから判りませんが、一般的にはフィルター(空間フィルター)を使ってゴミを排除したり、ゴミの大きさを小さくするという方法が用いられています。最近のものは、賢くなっていて、一定の大きさ以下のゴミは無くしてしまいますが、一定の大きさ以上であれば、本来の画像に対する影響がほとんど無いようにしているようです。

 前回と同じように、ホコリ除去機能の強弱による差を示してみましょう。下の写真は、ディジタルICEも、ゴミ除去機能のオフにした場合の取込画像です。(前回の最初の画像とまったく同じものです。)
画像


 次の画像が、ホコリ除去機能を弱にした場合です。

画像


 次の画像が、ホコリ除去機能を中にした場合です。

画像


 最後がホコリ除去機能を強にした場合です。

画像


 如何でしょう? ディジタルICEに較べて確実にホコリが除去されています。ただし、注意しなければならないのは、本来の画像でも小さなドットが消えてしまう場合があるということです。ホコリ除去機能強のケースをご覧いただければよく判ると思います。かなり強烈に小さな点を取り除いてしまいます。実用的には、弱か中が使えるところでは無いかと思っています。これらの性能はメーカによって異なっていると思いますので、自分で評価してお使いになるのがよろしいかと思います。


 写真のデジタル化の フォトセピア
URL : http://www.photosepia.co.jp/
mailto:info@photosepia.co.jp

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スキャナー選定方法9(ホコリ除去機能の性能) 美大生のための写真講座 by PhotoSepia/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる