美大生のための写真講座 by PhotoSepia

アクセスカウンタ

zoom RSS デジカメで綺麗に写す方法3

<<   作成日時 : 2008/06/23 10:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 デジカメで写真を綺麗に写すために、ISO感度というのが関係しているということを前回書いたわけです。
 このISO感度というのは、昔のフィルム写真(まだ残っている)のフィルムに書いてあるISO100とかISO400とか書いてある感度と同じようなもの。感覚的に、感度の高いフィルムを使うと、暗いところでも良く写るということはなんとなくわかる。それと同じようなものがデジカメにもあるわけです。ところが、デジカメにはフィルムが無い。では、何の感度かというと、デジカメの中のセンサー(撮像素子)の感度です。センサーの感度が高いと、暗いところでも良く写るということです。
 ところで、デジタルカメラというのはどういう仕組みで明るく写ったり、暗くなったりするかというと、

  画像の明るさ=(@センサーに入ってくる光の強さ)
          ×(Aシャッター時間)
          ×(Bセンサーの感度)
          ×比例係数

 で決まります。ごく当たり前ですが、このことは今後のいろいろな説明に関係しますから、絶対に頭に入れておいてください。この中の比例係数というのはとりあえず考えなくても結構ですが、@のセンサーに入ってくる光の強さが強いほど明るい写真が撮れるというのは判り易い話です。Bのセンサーの感度というのも、感度が高いほど光に感じやすいのですから、感覚的に理解できますね。Aのシャッター時間というのは、ちょっと判りにくいかもしれません。フィルムカメラの例でお話しますと、暗いところではシャッター時間を長くしてフィルムに感光させていました。天気がよければ250分の1秒で、暗い時は60分の1秒くらいなどと昔の人はシャッター時間を変えて写していました。フィルムというのは、写すものの明るさだけで感光の具合が決まるのではなく、写している時間が関係しているということです。つまり、光の蓄積量で感光の具合が変わるということです。
 これと同じことがデジタルカメラでも言えるのです。先ほど説明したセンサーというのが、実は光の強さを電気信号に変えるものではなくて、光の量を電気信号に変えるように出来ているからです。光の量というのはちょっと判りにくいですね。光の強さと光が当たっている時間の掛け算が光の量です。  ・・・次回へ続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
デジカメで綺麗に写す方法3 美大生のための写真講座 by PhotoSepia/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる