美大生のための写真講座 by PhotoSepia

アクセスカウンタ

zoom RSS 絞りは1段で2倍の明るさの変化になる

<<   作成日時 : 2008/08/11 09:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 F値の意味がお分かりいただけたのであれば、あとは簡単です。
 もう一度以前のブログに書いたことのおさらいですが、写真を適正に写すには

  画像の明るさ=(@センサーに入ってくる光の強さ)
          ×(Aシャッター時間)
          ×(Bセンサーの感度)
          ×比例係数

という関係に基づいて、画像の明るさを適正に設定することでした。@のセンサーに入ってくる光の強さは絞りで変えられるという話をしました。そして、絞りは1段の切り替えで光量が2倍変わるということでした。
 上の式をもう一度良く見ると、@を二倍にしたとき、シャッター時間を二分の一にすれば、同じ明るさの写真が取れるということがお分かりだと思います。BはISO感度で設定するということも以前お話しました。
 つまり、今までお話した内容を正しく理解し、実践すれば、適正は明るさの写真を撮ることが容易にできるということがお分かりいただけたと思います。
 あとは、具体的な絞り、シャッター時間、ISO感度の設定の仕方だけです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
絞りは1段で2倍の明るさの変化になる 美大生のための写真講座 by PhotoSepia/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる