美大生のための写真講座 by PhotoSepia

アクセスカウンタ

zoom RSS 広角レンズと望遠レンズ

<<   作成日時 : 2008/09/14 10:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 前回の焦点距離の話で、広角レンズと望遠レンズの話をしました。
 広角レンズは広い角度の画像を集めて撮像面(センサー)に像を結びます。一方望遠レンズは広角レンズと同じ表現をすれば狭角レンズということになりますから、狭い角度の画像をセンサー面に結びます。ですから、下の図を見ていただいてもわかるように、同じ大きさの被写体が同じ距離離れた位置にあるときに、広角レンズで撮影すると小さく写ってしまいますし、望遠レンズで写せば大きく写るわけです。つまり、望遠レンズは遠くのものを写すのに適しているということになります。
画像

 広角レンズは広い角度範囲の写真を写すことができます。典型的な広角レンズは魚眼レンズと呼ばれているレンズです。180度近い領域を写すことができるようなレンズもあります。
 余談ですが、魚というのは体の左右に眼がついていますから、前方の餌や敵を見るには、180度近い領域が見られる必要があるわけです。勿論眼球が動かせますから、その眼球の動きも入れてそこまで広い範囲を見ることができるようになっているのでしょう。もう一つ人間の目と大きく違っているのは、瞳が開きっぱなしになっているということです。海の中ではあまり明るさの違いをコントロールする必要がないのかもしれません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
広角レンズと望遠レンズ 美大生のための写真講座 by PhotoSepia/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる