美大生のための写真講座 by PhotoSepia

アクセスカウンタ

zoom RSS 広角レンズと望遠レンズのボケ

<<   作成日時 : 2008/10/02 13:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 広角レンズと望遠レンズでもう一つ大きな違いはボケ方です。
 下の写真を見てください。
画像

 ピントはバラの花に合っていて、背景がボケています。これは、敢えて背景をボカしてあります。背景がボケることで、花の印象がより明確になるためです。
 このようなボケた画像を写真に入れる場合、広角レンズと望遠レンズでは、望遠レンズの方がボケを作りやすく写せます。
 下に被写体からセンサー面(フィルム面)までの距離が1メートルの場合に、無限遠にある背景のボケ具合を計算したグラフを示します。

画像

 横軸がレンズの焦点距離ですから、左の方は広角レンズ、右へ行くほど望遠レンズの度合いが強くなります。ボケは点の画像が、撮像面でいくらの直径のボケた点になるかを計算してます。明らかに、望遠レンズの方がボケ量が多くなっています。絞りは開放にした条件です。
 勿論、絞りの設定によってボケ量は変わってきますので、望遠レンズで思いっきり絞って使えば、ボケの少ない写真を撮ることが可能になります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
写真を撮るピント
 望遠などを使って、主題の背景をボカすという手法やよくつかわれます。しかし、写真の基本はピントがあっていることです。全てにピントあっていて、なおかつ主題がクリアーに表現されているのが一番見ていて美しい写真です。ボケた写真から受けるのはストレスしかありません。 ...続きを見る
美大生のための写真講座 by Photo...
2009/05/05 14:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
広角レンズと望遠レンズのボケ 美大生のための写真講座 by PhotoSepia/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる