美大生のための写真講座 by PhotoSepia

アクセスカウンタ

zoom RSS シャッター優先モード

<<   作成日時 : 2008/11/24 12:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今日は、シャッター優先モードという露出モードについて説明します。言葉を正確に表現すると、絞りよりもシャッターの設定を優先した露出を行いますということです。なぜこういうモードがあるかというと、たとえば被写体が動くようなものであった場合でも、写した写真がブレないように写すためです。被写体が動くようなケースで、たとえばフルオートで写したとすると、シャッター時間がどうなったかということがわかりません。本来なら500分の一秒より短いシャッターを切りたいのに、オートでは250分の一秒に設定されてしまう可能性もあるわけです。
 また、逆のケースではシャッター時間をある程度長くして、被写体が流れるような写真を撮りたい場合にも使います。下の写真のような水の流れ感を出すときなどに使います。
画像

 つまり、このモードはシャッター時間はマニュアルで設定し、絞りはカメラにお任せというモードです。ですから、露出は最終的にカメラが決めるわけです。当然のこととして、シャッター時間を短く設定すれば、絞りは大きく開くようになります。反対にシャッター時間を長く設定すれば、絞りは小さく閉じる方向に設定されます。
 注意をしなければならないのは、露出が合わなくてもシャッターは切れるということです。絞りの設定は有限ですから、その範囲を超えてしまうようなシャッタースピードの設定をした場合は、アンダーになったり、オーバーになったりするということです。
 このモードは、
   @ 動いているものを止まっているように写したい 
   A 動いているものを動いているように写したい 
のどちらかの写しかたの時に使います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シャッター優先モード 美大生のための写真講座 by PhotoSepia/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる