美大生のための写真講座 by PhotoSepia

アクセスカウンタ

zoom RSS ストロボの影を無くす方法(バウンス照明)

<<   作成日時 : 2009/01/19 21:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 2 / コメント 0

 美術品などを室内で撮影する場合、しっかりした照明(ライティング)ができるのであればよいのですが、それができない場合は、ストロボを使うことになります。しかし、ストロボは、いくらスローシンクロモードのような使い方をしても、強烈な影を無くすのは困難です。

 そういう時に簡単に行える方法があります。一眼レフが対象になりますが、ストロボの光を直接被写体に向けるのではなく、間接的に被写体に当てる方法があります。昔からバウンス照明(bounce lighting)と呼んでますが、bounceとは、一回反射させるという意味です。しかし、一般には、外付けのストロボをつけて行うのが普通です。専用のストロボは、照射の方向を変えられるようになっていますので、被写体に向けるのではなく、周りの壁や天井に向けて光らせます。天井や壁で散乱してきた光で被写体を照明しますので、陰ができにくいのです。

 しかし、専用のストロボを持ってない方が多いのではないでしょうか。心配ご無用です。小さな手鏡を用意してください。下の写真のような柄のついたものが使いやすいと思います。100円ショップ(100均)で売っているようなもので十分です。大きいと、むしろ使いづらいかもしれません。写真は丸い手鏡ですが、四角いものがあればその方がベターです。
画像

 最近のストロボ内臓一眼レフは、都合が良いことに、上に突き出ているファインダー用のペンタプリズム(三角形か台形の出っ張り)の部分がストロボになっています。ここに鏡を下図のように差し込むのです。ストロボから出た光が天井の方に向くような角度にしてください。大体でOKです。
画像

 注意しなければならないことが3点あります。撮影範囲にストロボから出た光が直接入らないように鏡の位置を調整してください。もう一点は、この100均手鏡バウンス撮影に限ったことではないのですが、バウンス撮影は、照明の色あいがストロボとは違うということです。壁や天井に反射・散乱させますので、反射・散乱の影響で色の違いが発生します。ストロボから射出される光は青い成分が多いのですが、たとえ白い天井であったとしても、一般に青い光というのは、ものに当たると散乱されやすいのです。散乱の程度が赤より多いので、被写体に届く青が少なくなり、結果的に、反射・散乱してきた光は、赤の成分が多くなります。従って、ストロボの直射光で撮影した場合と比べると、少し赤身が増します。私は、むしろ自然に近い感じがしていますが。
 もう一点は、ストロボのガイドナンバーから絞りなどを設定することができません。したがって、マニュアルモードではないモードを使用してください。ストロボもTTL測光(レンズを通してストロボの光をモニターし、ストロボを制御するモードです)というモードで使ってください。ただし、ストロボのエネルギーはかなり少なくなりますので、近い距離の撮影にしか使えません。光が足らない時は、スローシンクロを使って部屋の照明を利用してください。
 下に、100均手鏡バウンスでの例を示しました。いかがですか。結構自然な感じに写せます。両方ともホワイトバランスはストロボ用に設定してあります。通常のストロボ撮影では、強い影ができますが、バウンス撮影では、天井からの光になり、陰はできません。天井からの照明ですから、見た目も自然です。また、色あいも自然な感じになります。

 左が通常のストロボ撮影、右が手鏡バウンス撮影、シャッターは共に1/60秒で、スローシンクロは使っておりません。

 残念ながら、コンパクトカメラでは、ストロボが本体に入っていて、大概レンズの近くに配置します(影を少なくするため、当然レンズの近くに配置することになります)ので、100均手鏡バウンスはちょっと難しいと思います。また、高級一眼レフはストロボ内臓ではありませんから、専用ストロボを使いますので、ストロボのバウンス照明を使います。

 カメラのストロボの向きをちょっと変えられるようにしてくれれば100均手鏡も要らないのでありがたいのですが、邪道なんでしょうね。大きなストロボを持ち歩かなくても、小さな手鏡一つで、簡単にバウンス撮影ができるということです。一度、ぜひ試してください。

フォトセピア http://www.photosepia.co.jp

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
かわいい

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
最近おもちゃとしてデジカメを購入した
■最近おもちゃとしてデジカメを購入した。機種はCASIO QV-2900UX。カメラとしての性能よりも趣味性を優先した結果の選択だ。本当は一眼レフがいいのだが、たかが趣味の道具にそんなに投資できない。ところで、光量の不足している室内でストロボを使ってポートレートを撮影するとき、人物だけに露出が合って背景が妙に暗く写る事態を避けるにはどうすればいいのか。壁のすぐ前に立ってもらえればよいのだが、そうで... ...続きを見る
愛と苦悩の日記
2010/01/22 06:55
クリップオンストロボを使いこなせたらいいなぁw
私は、Canonn 580EX2 を2灯持っているが、あと1灯欲しかったと思う事が多々ある。つまり、ポートレートなんかを撮っていて逆光用左右用と3台欲しかった&hellip;なんで、430EXだったら買っちゃおうかなぁ&hellip;安いし&hellip;&nbsp;Canon スピードライト430EX II SP430E... ...続きを見る
おっちゃんこのトンデモ撮影記
2010/08/10 10:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ストロボの影を無くす方法(バウンス照明) 美大生のための写真講座 by PhotoSepia/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる