美大生のための写真講座 by PhotoSepia

アクセスカウンタ

zoom RSS 大きく見せるスケール感の出し方 2

<<   作成日時 : 2009/10/18 09:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 近い被写体と遠い被写体を両方入れてスケール感を出すという方法もあります。下の写真をみてください。
画像


 手前にあるのはハボタンですから、せいぜい20センチ程度の草花です。背景は、桜の木などですから、スケール的には全く比較にならないほど大きな差があります。手前の花をかなり近いところから広角で捉えることで、ハボタンが大きな木のような雰囲気が出ていると思いませんか。大事なのは、前景も後景もピントが合っていることです。後ろがボケテしまっていると、逆に遠近感が出てしまいますので、単に接写しただけとなってしまいます。両方にピントがあうギリギリのところまで寄って後継の樹木とさほど違わない大きさに写してみると、面白い写真になります。ジオラマなどを撮る時も同じ要領です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大きく見せるスケール感の出し方 2 美大生のための写真講座 by PhotoSepia/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる