美大生のための写真講座 by PhotoSepia

アクセスカウンタ

zoom RSS 雰囲気を出す撮り方

<<   作成日時 : 2009/10/13 11:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 旅行写真であっても、街の写真であっても、その場の雰囲気を出すというのはなかなか難しいものです。そういう時に、意外に効果があるのが、フラットな構図です。フラットというのは、遠近感を無くした撮り方です。通常、建物などを撮る場合、斜めの位置から写すというのが常道です。これは、斜めから写すことにより遠近感が出るからです。しかし、そういう写真に慣れてしまっているため、面白みのない写真になってしまうのです。

 フラットに真正面から撮ってみるというのは、慣れに対する反発のような効果があると思います。
画像


 上の写真は、この小さな電車の駅の雰囲気を出すために、敢えて真正面から撮ったものです。本当は、シャッター時間を長くして、動いている人物を流してしまいたかったのですが、三脚を持っていたなかったので、あきらめました。

 フラットな構図で難しいのは、水平、垂直をしっかり確保し、ゆがみを起こさないようにすることです。あおりを入れるとひずみが出てしまいますので、高さを変えるのは自分の位置を変えて、最適位置を探さねばなりません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
雰囲気を出す撮り方 美大生のための写真講座 by PhotoSepia/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる