美大生のための写真講座 by PhotoSepia

アクセスカウンタ

zoom RSS 人物写真 カメラを見てない時がチャンス

<<   作成日時 : 2010/02/22 09:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 写真の多くは記念撮影であることが多い。従って、人物はカメラの方を向いている。しかし、ほとんどの場合、つまらない写真にしかならない。記録としての写真としてはもちろん価値がある。しかし、第三者が見て、面白い写真にはならない。当人にとっても印象的な写真にはならない。

 面白い人物写真を撮ってみたいと思ったら、カメラを見てない写真を撮ることが第一条件になる。顔の表情があってもよいし、なくても構わない。それは、その時に何を表現したいのかで決めればよい。表情がない方が良い場合だってある。
画像


 面白い写真ということではなくても、記念撮影の場合だってカメラを見てない写真の方が印象に残る場合がある。自然な表情、自然な仕草が残っている写真というものは、意外に少ないのだ。私は集合写真を撮る時に皆が集まっている最中の写真をよく撮る。「写しますよー、ハイ・チーズ」という前に撮る。そうすると、「エーッ、もう撮ったのぉ」と不満そうな顔をされるが、その顔も撮る。そういう写真だけ集めて家族の写真集を作ってみてはいかがだろうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人物写真 カメラを見てない時がチャンス 美大生のための写真講座 by PhotoSepia/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる