美大生のための写真講座 by PhotoSepia

アクセスカウンタ

zoom RSS 写真入力に適したスキャナー(1)

<<   作成日時 : 2011/12/16 15:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 写真をデジタル化する際に使われるのがスキャナーです。しかし、スキャナーと言ってもいろいろな種類があり、それぞれにメリットデメリットがあります。ここでは、プリント写真のデータ化という観点で、最適なスキャナーについてお示ししたいと思います。

 まず、スキャナーの種類ですが、大きく分けてフラットベッドスキャナとドキュメントスキャナに分かれます。フラットベッドスキャナは写真や文書をガラスの資料台の上に載せてスキャンするタイプです。写真や文書は固定された状態でスキャンされます。一方ドキュメントスキャナは写真や文書をローラー等を使って読取り部分に対して移動させて読取るものです。ドキュメントスキャナはその名の通り文書のスキャンが目的ですので、多くの文書を一枚ずつ順番に読取るという目的に適した方式ですが、バラ写真のようなものも読取れます。しかし、アルバムに貼った写真などは剥がさないと読み取れません。また、資料の厚さなどの制約もありますし、ローラーで写真を搬送するということにより写真にローラー痕が残る危険性もあります。資料を動かすということは、コピーなどで問題になるジャム(いわゆる紙詰まり)が発生する可能性もあります。
 
 ということで、通常の場合はフラットベッドスキャナーが写真入力にはベターであるということになります。次回は別の観点からの比較を行います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
写真入力に適したスキャナー(1) 美大生のための写真講座 by PhotoSepia/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる