美大生のための写真講座 by PhotoSepia

アクセスカウンタ

zoom RSS 写真入力に適したスキャナー(6) スキャナーのゴミに対する特性

<<   作成日時 : 2012/01/05 11:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 スキャナーで入力する際に必ず問題になるゴミの影響について以下に説明します。

 まず、ドキュメントスキャナーの場合ですが、ゴミの影響は無視できません。 もともと、紙をローラーで搬送してスキャンするわけですから、写真からゴミが落ちやすいのは当然です。 また、ゴミを綺麗に清掃して写真をセットしない限り写真についたゴミがスキャナーに入ってしまいます。 このことはフラットベッドでも同じですが、ゴミの影響の出方が異なります。  ドキュメントスキャナーの場合、細いスリットで写真を搬送しながら読取るわけですから、 このスリット上にゴミが付着すると、画像にスジが入ってしまうのです。 この例を下の写真に示しておきます。
画像


 写真の中に横一線のスジが入っています。これがスリット上に付着したゴミによるスジです。 一方スジの上側にドット上の白い点や糸くずのようなものがあります。これは、写真の上に付着したままスキャンされたゴミです。

 ドキュメントスキャナーではこのようにゴミが2種類の出方をします。 従って、頻繁にスリットのガラス面を清掃する必要があるのです。

 一方フラットベッドスキャナの場合は、 点状のゴミ画像(ゴミの形がそのまま画像に表現される)のみとなります。写真にゴミが付いても、スキャナのガラス面に付いても結果は同じです。 ガラス面の清掃は当然必要ですが、清掃のしやすさという意味では、フラットベッド スキャナの方が容易です。ドキュメントスキャナの読取り面は、外部に露出しておりませんので、 カバーを開いて清掃する必要があります。

 もうひとつ注意しておかねばならないのは、ドキュメントスキャナには一般的にゴミ除去機能は備わっておりません。スキャンニングする対象がドキュメント主体ですので、 ゴミの除去の必要性が余りないのです。一方、フラットベッドスキャナーでは写真の入力はメインの入力対象であり、ゴミ除去機能(ソフトによる画像データ上での除去)が標準で搭載されております。 従って、小さなゴミであれば、ある程度はゴミの除去が可能です。(ドキュメントスキャナー付属のフラットベッドスキャナにはゴミ除去機能がついてないものもあります。)

 何れのスキャナーを用いたとしても、ゴミに対しては敏感に反応します。写真にゴミが付着した状態を目視で見た時より、スキャナーで取り込んだ画像の方がゴミは目立ちます。これは、スキャナーの照明方式に依存するものであり、避けられません。ゴミを排除してスキャンし、また、それでも残ったゴミは画像ファイルを加工して除去することが必要になります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
写真入力に適したスキャナー(6) スキャナーのゴミに対する特性 美大生のための写真講座 by PhotoSepia/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる