美大生のための写真講座 by PhotoSepia

アクセスカウンタ

zoom RSS 枚数を多く撮るということ

<<   作成日時 : 2009/10/24 11:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 写真というのは、ちょっとした条件でまったく違った写真になってしまいます。絵画は、時間をかけてじっくり完成させるわけですから、自分が気に入るように徐々に完成に導いていくわけです。しかし、写真は一瞬で完成してしまいますし、基本的に修正の余地が少ないものですから、その特性を頭に入れて写真を撮る必要があると思っています。

 どうすればよいかというと、枚数を多く撮ることです。経験を積むということも重要ですが、ひとつの被写体に対し、条件を変えながら多くの枚数を撮るということです。なぜかというと、写真は蓋然性に支配されたものだと思うからです。もちろん、じっと待って、シャッターチャンスが訪れた瞬間をねらってシャターを切るという方法もありますが、それに加えて枚数も必要になると思うのです。そうすことによって、良い写真が撮れる確率を上げるということだと思います。デジカメというのは、そういう意味では非常に便利なものです。

 私がよく経験するのは、写真を撮りに行ってきて、そして家に帰り整理をしているときに、もう少し露出をアンダーにすべきであったとか、もう少し低い位置から狙うべきであった、というようなことを思うことが実に多いのです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
枚数を多く撮るということ 美大生のための写真講座 by PhotoSepia/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる