美大生のための写真講座 by PhotoSepia

アクセスカウンタ

zoom RSS 多重露光、バルブ露光

<<   作成日時 : 2010/01/27 08:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

 先日、横浜の新聞博物館で開催されている報道写真展に行ってまいりました。6月頃開催される世界報道写真展は、世界の報道写真家の写真が対象ですが、こちらは日本国内が主体です。どれも素晴らしい写真でしたが、ひときわ印象に残ったのは沖縄石垣島でとったホタルの写真でした。連続で一秒間に数コマ以上でシャッターを切って、もちろんストロボは使っていません。かなり感度を上げているようですが、真っ暗やみでホタルが飛ぶ軌跡が点のつながりで表現されていました。おそらく、真っ暗やみではなく、日没直前のような多少光がある状態で撮った写真だと思います。背景の草木の緑がきれいに出ていました。(著作権がありますから、ここではご紹介できなくて申し訳ありません。)

 これから想像するに、連続で一秒間に数コマの撮影を行い。その画像を加算したものと思われます。フィルムかもしれませんがこの場合は多重露光をしたことになります。
 最近のデジカメではコンパクト機で多重露光ができるものがあるようです。デジタル一眼(レフ)の中にも機種によっては可能です。多重露光が使えない場合は、取り込んだ画像をソフトによって多重化することも可能です。但し、私が知っている限り、単純加算できるようなソフトは見当たりませんでした。加算平均をするソフトがほとんどです。しかし、このケースでは平均ではなく、単純に加算だけしてもらいたいのです。もしご存じの方が居られたら、ぜひお教え下さい。

 多重露光ができない場合は、バルブ露光があります。この場合、シャッターが開きっぱなしですから、上の例のホタルの場合、光が線になってしまいますしホタルの光と背景の明るさのバランスを取るのが難しいかもしれません。バルブ露光は、一眼なら必ずできる機能です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
東京に生息するヒメボタル
 東京奥多摩には、ヒメボタルが生息している。この5年ほど毎年観察に訪れているが、ようやく満足できる写真が撮影できた。(画像は、クリックすると大きなサイズで見ることが出来る。) ...続きを見る
ホタルのひとりごと
2010/01/27 20:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
多重露光、バルブ露光 美大生のための写真講座 by PhotoSepia/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる